-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-16 11:17 | カテゴリ:ご挨拶etc…♪
こんにちは


桜樹sanの知人の方からのメールをそのまま添付いたします

少しでも現地の状況をメディアを通じたものではなく、生の声を聴いていただけたらと思い、桜樹sanからメールを転送してもらいました。

**********************************

3/12 10:04
おはようございます。
昨夜はご心配のお電話を頂き有難うございました。
まさか安否の連絡をいただけるとは思っても見なかったので大変勇気付けられました。
非常に有難いものです。
感謝申し上げます。
尚、当地方まだ余震が続いており時折震度3,4の揺れを感じます。
我が家から30㎞位しか放れていない原発がおかしなことになっているようです。
また福島県の海岸一帯は大規模な津波が押し寄せ500人近くが行方不明になっていて死者は現在100名にのぼっております。
最終的には死者、行方不明者は1,000人になるとニュースで言っています。
非常に強い揺れは約10分位続いたように感じられました自分は机の下に潜っていながらこのまま机の下で死ぬのかと思ったほどでした。
わが職場は非常に大きな被害を受けていまして正常に仕事が出来るようになるには1ヶ月近くは掛かると思われます。
家族を含めて小生の周りで怪我をした人は居ないようなので一安心です。
またご連絡いたします。

**********************************

3/13 21:22
ご心配をお掛けしております。
現在のところ当地方は原発より30㎞ しか離れて居りませんが風の向きなどから今のところ心配はなさそうです。
福島第一原発、第二原発の二つの原発がありどちらも爆発の可能性が有ると言うニュースが流れております。
原発がある地区から300人以上がわが町の体育館に避難をして居るようです。
一時間に一度ぐらい余震が来ていますが震度3ぐらいで大きく無いようです。
困ったことはガソリンスタンドにガソリン、灯油、軽油等が無く営業出来ないで居ること、スーパー、コンビニ等食料品を扱う店舗が全て商品が無くて営業していないことなど食料が手に入らなくなっていることです。
スーパーまでには4km もの車が並んでスーパーのには20人出たら20人、入れると言う状態でした。(途中1時間並んでで諦めました)
高速道路、JRなど公共交通が完全にマヒしております。

死者、行方不明者は最終的には10,000以上になるとNHKのニュースで言っております。

今日はわが町の最高気温が14℃迄上がり4月下旬の気温で壊れた瓦屋根の修理に追われる家々が沢山見られました。
小生は暖かくなった野はとても良いことなのですが花粉症とやらがひどくて鼻水、くしゃみ、目のかゆみ・・・・たまりません。

教訓 「先んづれば人を制す」 でした。

**********************************

3/14 22:00
連絡が遅くなって申訳有りません。
職場の片付が思うように進まなくて帰りが遅くなってしまいました。
小野町の状況ですが、携帯電話はつながりません。普通電話ですとかかる場合があります。
街中のコンビニ、スーパー、ガソリンスタンド、食堂、ドラッグストアーなど食料品を扱う店は全て閉まっております。
幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校などせべて休校。
町の体育館には原発地区より非難してきた人達約400人が土曜日より居ります。
瓦屋根の家の半数以上は瓦が落ちていて石塀の3分の1は倒れています。
電車、バス、高速道路な全て不通です。
町の公立病院は5階建ての建物が傾いたため入院患者の7割近くが強制的に退院させられたそうです。
幸いけが人は居なかったようです。

**********************************

3/14 22:21
原発の件ですが仕事、学校、住み慣れている我が家を離れる事などを思いますとなかなか非難が出来ない状況なのです。
非難指示などが出ますとそう言う事は言っていられないのでしょうが・・・・・
多少の不安はありますがこれが現実です。
何とか現状維持の生活できそうです。
避難指示が出ましたならばさっさと非難するつもりです。
2号機は今のところ何とか踏ん張って?いるようです。
ご心配頂有難うございます。
またご連絡いたします。

**********************************

以降、30㎞圏内屋内退避が出てから連絡なし
非難されていることを願ってるので連絡待ち


現在も個人からの物資は送れない状態が続いております。

震源地に近い方がたの悲痛な声を聴くたびに
気持ちがどうしても沈んでしまいます。
被災地において、物資の受け入れ態勢が整うことを本当に心から願い、
少しでも早い復興を切に祈るばかりです。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://twinkletaste.blog82.fc2.com/tb.php/229-c609e643
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。